守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨーグルトに塩。

<<   作成日時 : 2006/05/14 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大相撲・琴欧州の故郷ブルガリア。

その様子をテレビで観た。大関とのゆかりだけでなく、ブルガリアの人々の生活ぶりも紹介されていて面白かった。

そのひとつに小学校の給食の様子があって、やっぱりブルガリアなだけに基本的に飲み物は牛乳じゃなくてヨーグルト・ドリンクということだ。もちろん僕はどんな味かはわからないが、飲むヨーグルトといった感じでグラスに注がれている。その様子からすると、かなりサラサラの薄さだった。

そこへ、各自が塩をひとつまみ入れて飲んでいる。日本のクルーが「どうして砂糖を入れないのか」と質問したところ、マイクを向けられた子供たちは「そんなもん気持ち悪くて飲めないよ」「砂糖なんて入れたことない、うえ〜」と答えていた。ブルガリアでは、ヨーグルトを飲む時は「塩」が当たり前だという。なるほど、世界は広い…というか、日本よりはるかに長い間ヨーグルトを摂取してきた彼らが塩というならば、塩が真っ当で、砂糖入れるほうが不思議なのかも。

…ということで、僕も塩を入れてみることにした。

いつもヨーグルトメーカーで作った後、容器の中にどうしても残ってしまうヨーグルト。もったいないので、牛乳を足して容器をシャカシャカ振り、ドリンクとして飲んで始末している。ここに、塩をひとつまみ入れて飲んでみた。

…なるほど、悪くない。

「素朴な飲料」という感想。大騒ぎするような特別な旨さというわけでもないが、何も入れないよりはたしかに味が引き締まる。塩を入れたほうがしっくり来る、というブルガリアの人の味覚が分かった気がした。

あくまで、これはドリンクとして飲むほうの話で、どろっとした食べるほうのヨーグルトの食べ方は残念ながらわからなかったけれど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヨーグルトに塩。 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる