辛ラーメンが北でも人気。

僕も好きさ。

農心の「辛ラーメン」、北朝鮮で人気上昇中

【ソウル15日聯合】農心の即席めん「辛ラーメン」が、北朝鮮でも人気を集めていることが分かった。6年前に中国・瀋陽に進出した農心の現地法人が15日、聯合ニュースの取材に対し明らかにした。

同社関係者によると、「辛ラーメン」は北朝鮮の竜川駅爆破事故当時に初めて支援物資として入り、そのうちの一部が配給され、一部は市場に出回ったとみられる。その後北朝鮮の住民に知られるようになり人気を集め出したという。

現地の韓国語メディアによると、辛ラーメンは国境貿易で中国人や朝鮮族を通じて取引されており、列車やトラックで平壌まで運ばれている。年間に3万ケースほどが輸出されているが、輸出量は固定されていない。ただ北朝鮮の住民の口に合うことから、輸出量は今後増える見通しだ。北朝鮮では韓国産や韓国語表記がされている商品は通関で差し止められるため、北朝鮮住民に行き渡る商品の包装は中国語で表記され、原産地も中国と書かれている。
(YONHAP NEWS 2006年11月16日)

だいたいインスタントラーメンにかけては、発明国である日本が世界で一番美味しいと思っています。とくに、カップヌードルとカレーヌードルは他の追随を許さないのでは…と、きわめて個人的な見解。

即席ラーメンも中国産、シンガポール産、タイ産なんか食べましたけれども、あれはあれでいいんですが味わいは2段も3段も下なんですね、日本人の僕が食べるから当たり前ですが。とくに中国のまずさは閉口しました。麺大国としてもっと頑張っていただきたい。国や民族が違えば味付けが違う。食べる人が違えば好みも違う。そりゃわかるが、それ以前に、まだまだだな。

そこへきて、韓国農心の辛ラーメンはなかなかやる。あれは食べていて飽きが来ない。重量も日本のよりある。日本85gくらいであちらは100gはあるもんね。あちらでは、鍋のシメに即席ラーメンを投入することもあるそうで、太めの麺もしっかりしていて美味しいし。

韓流ブームの影響か何か、最近は日本の小売店でも辛ラーメンを普通に入手できるようになって嬉しい限りなのですが、…この際いいますが最近の辛ラーメンはちょっと質が落ちた気がする。味がマイルドになりすぎて、韓流俳優の微笑みのごとく優しすぎはしないか。まえのは、頭皮から汗がにじむような辛さがあったのだが、今のはどうも物足りない(これは自分の馴れかもしれない)。上記記事のような「中国製」バージョンはどうでしょう、相当辛いのでしょうか。ぜひとも試してみたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック