さらば鶴声飯店。

好きなお店が閉店してた・・・

ゴールデンウィークの頃の話です。

中央高速相模湖インターと東名高速厚木インターを結ぶ道路のうち、もっともポピュラーなのが国道412号を通るルートです。

その途中の厚木市の上荻野あたり、「鶴声飯店」(かくせいはんてん)という中華料理店がありました。ある意味、知る人ぞ知る、という感じの。そこが閉じている。3月末でエンドか?道の向かいにピンポイントで投下された中国家庭料理店が痛かったか・・・

ぼくは個人的にこの鶴声飯店が大好きで、アラカルトの中華料理はうまいし、麺類(とくに塩味)は最高だし、平日のランチはお得感バッチリだし。雰囲気はまったりしてるし。

さらに、いつもいるウェイトレスさんが気になっていました。小柄な女性で、姿勢よくシャキシャキと無駄なくさりげなく動き回る様子が、すごく好印象だった。で、正直年齢がわからないからこういったら失礼かもしれないけど、僕は勝手にこのひとを「中華料理の妖精」と名付けていたのだ。大きな送迎バスも新調して、意外に攻勢かけてたんだがなあ・・・残念だなあ・・・つうかHPまだ生きてるが。

で、せっかく厚木まで出たのだから・・・と、むかし好きでたまに行ってた札幌ラーメン(旭川だっけ?)の戸室「よしの」へ行ってみたら、ここも店じまいしていてショック。中華鍋を振るときの親父さんの小刻みな腰の動きが絶妙だった。イヤイヤ、味噌野菜ラーメンがうまかったのだ。交差点移設で、店の前の車の流れが途絶えてしまったのを潮時としたのだろうか。

さらにさらに、妻田ドイトのすぐ脇にある本格派長崎ちゃんぽんの名店「ばってん」、こいつも店じまいしてしまった。店内が見えなさすぎて、知らぬ人には営業してなさそうにも見えるのだが、土日なんかけっこう客が入っていたはずだ。なんだろう、故郷にでも帰ることにしたのだろうか?ついついちゃんぽんの「並」ばかりで、ついぞ「上」を食わずじまいに終わった。皿うどんだって食べていなかった。なんということだろう、無念。

むなしく北上。412号の荻野あたりにはまた別の「ばってん」という名前のトンコツラーメンの新しい店ができていた。とんこつは大好きだ。しかし前述のちゃんぽんのばってんを思い出してしまうから、別れた恋人を思い出すようなものでそれはちょいと今の僕にはむなしい。

そこで僕はその近くにあった「くるまやラーメン」へ。この店は本当は花楽という屋号だが、バス会社のラーメン屋なのだから昔どおりに”くるまや”がふさわしいと思う。で、僕はいつまでもくるまやと呼ぶわけだ。いいじゃないか。

それで、僕はここの味噌ラーメンを食べて手打ちとした。なんだかんだありふれたようでいて、世に名だたる名店をよそに、ここの味噌ラーメンが一番確実なような気がする。いつ食べても旨い。しかし同じ花楽の別の店だと微妙に味わいが落ちるから不思議なものだ。ここだけが旨い。某映画監督と同じ名前の、この店舗の経営者さんがキーマンということだろうか?

さてさて。

しばらくぶりの訪問で好きな店が3つも潰れているとちょいとへこむものです。

行列のできる店ってあるけれど、並んでみて魂抜かれるほど旨い店ってほとんどであったことがない。ほとんどはマスコミの力で行列ができてるだけだ。よそより2倍行列の長い店が、よそより2倍旨いかというと、そんなことはないのだ。そんな人気店より、さりげない実力の身近な店のほうが大事だ。とかいって、そういうおまえがたまにしか行かなかったからつぶれたんじゃないか?と・・・


以上、ずぶずぶにローカルネタでありました。どなたかとネット上でこの喪失感を共有できたらと・・・そして奇跡の鶴声移転情報や閉店の経緯など書き込んでいただければこれ幸い・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぽっぽ
2007年09月08日 04:46
鶴声で働いていたものです。というか…確かに自分チビですが『中華料理の妖精』にかなり(笑)です!
料理長が飯山3136-2に「蘭華」という名前で店をだしています。メニューは減ってしまいましたが味は変わっていませんので、よろしければ足を運んでみて下さい。

2007年09月12日 22:17
来た!奇跡の移転情報!これ以上はないダイレクトなコメント、ありがとうございます。「蘭華」は白山交差点の先みたいですね、間違いなく今度行きます。
クレ
2007年11月16日 13:24
 親戚が働いておりました。
愛されていたんだね。
蘭華さん、私も是非今度いってみます。
円蔵
2007年11月16日 23:27
コメントありがとうございます。
正しくは「蘭花」でした。すでに何度か食べに行きましたが、美味しいですよ。おすすめです。
五目そば
2009年12月30日 14:27
遅コメすいません。あまりに懐かしいので書き込みします。グーグルアースで昔住んでた所を見てたらココに辿り着きました。鶴声飯店は昔(15年以上前)母親が勤めていました。今は青森に住んでいますが、鶴声飯店のすぐそばに住んでいて、よく食べに行ってました。五目そばをね(笑)
鶴声飯店が潰れたという噂を数年前に聞いた時は母もがっかりしていましたが、「蘭花」という店で料理長がまだあの味を出しているのですね?(今もやっていればのはなしですが)
何だか嬉しいです!また神奈川に行きたくなりました!
円蔵
2009年12月31日 10:52
青森からコメントありがとうございます!

鶴声って客席から厨房が見えなかったから、どなたが料理長さんかは知りません。でも、蘭花はいまも営業しています。ちょっと遠いものの、下手なところで外食するよりここのお料理は満足できますから、わざわざ出かけて食べたいお店です。
DAS-SA
2010年09月23日 18:50
鶴声飯店、懐かしいですね。大好きでした。
2007年初旬に東北に引越し、鶴声飯店とお別れしてしまいましたが、その後閉店の知らせを受け、ガッカリしていました。
ですがここを見て「蘭花」にて同じ味が楽しめると分かり、このあいだわざわざそのために行ってきました。
店の雰囲気はだいぶ変わっていましたが味は鶴声そのもの! 感激でした。
未だにこの味を超える中華料理屋に巡り合っていないので、距離は遠いですが、最低でも年一回ぐらいは訪れたいな、と思いました。
なお「中華料理の妖精」さんも私たちの間では密かに大人気でしたよ。勝手に「みやちゃん」の愛称で呼ばせてもらっていましたが、彼女に蘭花に来ていただければ最高です!
円蔵
2010年09月26日 11:30
わざわざ東北から蘭花まで!

このブログがお役に立てたのならば、うれしいです。
家にいながら検索で情報を集めることができるのですから、いい時代になったものですよね。

蘭花のような本当に実力のあるお店を、客としても大事にしていきたいですね。あ、食べたくなってきました。
DAS-SA
2010年09月27日 16:39
円蔵さま
本当にこのブログのお陰でした。
非常に感謝しております。
蘭花へは土曜の昼食時間帯に行ったのですが、客入りもまあまあで、一安心しました。
やや安っぽい店の造りに高級飯店並の味ということでちょっと外と中が合っていない印象は受けましたが、うまいことやっているようで良かったです。

気軽に行ける環境が非常にうらやましく思います。
かつて神奈川県にいた時は最低でも月一回は鶴声に行っていたほど中毒患者でしたので 笑


ラマセンのトシ
2010年10月30日 06:19
懐かしいですね。
僕は1980年前半から90年半ばまで
近所の上荻野に住んでいました。
鶴声飯店には毎月一回は食べに行ってましたよ。
二階の眺めのよい席に座ってよく食べていました。
今は遠い異国在住です。
懐かしく思い、ついコメントを書いてしまいました。
閉店と知って残念です。
機会があれば「蘭花」にも行ってみたいです。
円蔵
2010年11月02日 14:27
コメントありがとうございました。

このところ、東北の方からコメント頂いたかと思えば、ついには海外から頂くとは!と驚いております。

別に鶴声関係者でもなんでもない私ですが、ここの味のファンが世界中に広がっているかと思うと(←大げさ)、うれしくなってまいります。ぜひ帰国の折りには飯山「蘭華」へ。HPとかなくて定休日とか営業時間がよくわかんないんですけどね。
DAS-SA
2011年01月20日 07:23
横から失礼します。
蘭花のHPありますよ!
あまり更新されていないみたいですが、一見の価値ありです。

http://www012.upp.so-net.ne.jp/atsugi-ranka/
円蔵
2011年01月20日 14:03
HP見ました!

テイクアウトとか、営業時間とか、欲しかった情報がおかげさまで分かりました。最近2度アタックして定休日&休憩時間に阻まれましたから。。。

アトこれはお店へ言うべきなんですが、どう車を停めていいかわかんないんですよ。先客がすでに2台ある時とか。

有難うございました!
DAS-SA
2011年01月21日 16:47
鶴声ファンが全国どころか世界に広がっているとは驚きです。
それにひきかえ、あまり地元の方の反応がありませんね。
私なんかは出前をしてくれる範囲に住んでいたなら毎週頼んでいただろうだけに、店に近かった方達はだいぶお世話になっていると思うのですが。

確かに蘭花の駐車場は狭いですね。
路上駐車するわけにも行かず、埋まっていたら待つしかないのでしょうか?
でも待っている間にランチタイム終了なんてことになったら・・・


円蔵
2011年01月23日 16:18
なんでしょうね、私の感覚だとあのエリアは工場地帯ですからね。住宅もあるんですが。でも、何気なく愛されているような気がします。

折しも厚木はシロコロホルモンが注目されて、ちょうど蘭華さんの並びのホルモン焼き屋さんなども繁盛しておられるようです。駐車スペースの問題はどこでも悩ましいのかも知れません。
ぽっぽ
2011年12月08日 14:00
大変ご無沙汰しております!!円蔵さんのおかげで鶴声飯店は常連のお客様達に愛されていたんだな~と改めて実感しております。ありがとうございます!!
来週、蘭花で鶴声飯店同窓会をするので皆に伝えなきゃ♪あと、みやちゃんと名前出ていて(笑)この場を借りて、私の名前覚えて下さっていてDAS- SAさんありがとうございます☆

私も月に1~3回ほど子供連れて蘭花で食事しておりますので、円蔵さん!皆さん「蘭花」をこれからもよろしくお願いします!!
円蔵
2011年12月09日 11:12
こんにちは。

もしこのブログを見ることで昔の鶴声のお客さんが気付いて少しでも新しいお店に行ってもらえたら、書いた私としても嬉しい限りです、なんといってもお店の末永い繁栄を願っていますので。お店の同窓会ていうのも、素晴らしい結束力ですね。
DAS-SA
2012年01月06日 16:53
年末、横浜方面への出張があり、時間の融通も利いたので、昼に蘭花に行ってきました。
平日にも関わらず、満席で大変繁盛している様子、とても嬉しく思いました。
一年ちょっとぶりのお料理、じっくり堪能してきました。
ほんと、近くにこんな中華料理屋さんがあったらなあ・・・と夢見てしまいます。

>ぽっぽさん
際どいところまで名前を出してしまい、申し訳ありませんでした。
すれ違いでしたかね、同窓会の日に出張が重なっていれば私はもう天にも昇る気持ちでしたでしょう・・・
鶴声時代も、私のみならず、妻もあなたのファンでした。なんというか、凛々しさと愛想のよさと、可愛らしさが同居しているようで、店員さんとしての好感度は120%でしたヨ!


ぽっぽ
2012年06月03日 15:18
こんにちは♪
円蔵さん!そして鶴声飯店&蘭花の味を好きでいてくれた他のお客様へ悲しいお知らせです(T-T)
料理長から連絡がきまして…平成24年6月末をもって店を閉めることにしたそうです。やはり厳しいみたいで。。
もう本当に鶴声の味を食べれなくなってしまいますので、お時間ありましたら蘭花へ足を運んでみてください☆

円蔵
2012年06月03日 23:53
ぽっぽさん、ご連絡ありがとうございました。

え?って感じで現実を受け止めたくない自分…残念なお話です。

蘭花はラーメン屋さんではなくて中国料理店。だから格からして比較しちゃいけないでしょうが、たいしたことのないラーメン屋が街にいくらでもある中で、ああ…ここのおそばがもう食べられなくなるのは…つらいなあ…

スープを一口含むだけで「うん、うん」とうなづいてしまうあの味がなあ…

ヨソとは別格なんだよなあ。材料や手間や技術が違うのかなあ…どこかでなんとかならないかなあ…

なんとか時間を作ってお邪魔したいところです。
ぽっぽ
2012年06月28日 23:55
残り2日間になってしまいました(>_<)円蔵さん、食べに行けましたか!?
もう、食べれなくなってしまうなんて私も残念です↓最終日のランチで鶴声の味を堪能してきます。


円蔵
2012年07月01日 21:24
6月終わってしまいました。残念でした…

ぽっぽさんは、堪能しましたか?

料理長さんがどっかで腕をふるわれるなら、また巡り会いたい味です。

DAS-SA
2016年02月06日 15:52
あれから4年・・・

いまだ鶴声を超える中華料理屋に巡り合えません。
そしてぽっぽさんを超えるウエイトレスのいる飲食店も・・・

本当に素晴らしい店だったと、つくづく実感しています。
ぽっぽ
2016年07月08日 17:55
ご無沙汰しております☆
久々にきになり、覗いてみたらコメントあってビックリです(笑)
鶴声が閉店して、もうすぐ10年…早いものです。
DAS-SAさん ありがとうございます!!
子供も大きくなり、また違う店でウエイトレスをしているので頑張ります!!
DAS-SA
2016年12月08日 18:33
>ぽっぽさん
ご無沙汰です。
先週、およそ8年ぶりに元鶴声飯店前を通ることが出来ました。
懐かしい和光会館の名前はそのままですね。

ぽっぽさんがウエイトレスさんをやっているお店、行ってみたいです。
でもあまり主張しすぎるとストーカーみたく思われそうなので、そこは偶然の出会いに期待しながらガマン!
どこかで見かけたらお声を掛けさせていただきます(とか言いながら神奈川県からは200Km以上離れて住んでいるので、まず偶然お会いすることなどないでしょうが・・・) 笑
今のお店、きっとぽっぽさんのお蔭で繁盛していることでしょう。
これからもかつてのように凛々しい姿で給仕なさることを期待させていただきます。

この記事へのトラックバック