朝青龍と亀田次男。

同日謝罪会見だと。( ゚д゚)、ペッ

格好もオソロで。モンゴルのチンギス・ハン空港に毛皮のコートのいでたちで現れた横綱に合わせたのか、亀田も毛皮を調達して謝罪会見場入り。謝罪に来といて、何様か。

亀田次男は仏頂面でわずか5分足らずの会見。謝罪になってない。またリングで歌を歌うだの、あの下品な言葉遣いも復活。こいつはもうダメだな。せっかく長男がイメージを取り戻しかけたのに、逆戻り。そもそも、今回の騒動はあえて順位をつけるなら、責任の重い順に①次男②オヤジ③長男であると思う。まったく謝罪の優先順位を間違えている。しかも、張本人も飼い主もあのザマじゃあ…。

これでは応援者も減るばかりでしょう。合掌。


朝青龍。いつしか「帰国して謝罪会見」が既定路線として出来上がっていた。それでも僕はてっきり「このたびは迷惑をかけたし、横綱の品格を汚した。申し訳なく、このまま引退させてください」と言いに来たのかと思った。それだけ仁義を切りゃ、あとはモンゴルで国会議員でも実業家でも勝手にやりゃあいいさ、と。

・・・と思いきや、誰も頼んじゃいないのに「これからも頑張ります」発言。何か間違えてんじゃないのか?

帰国前のウランバートルのクラブでの暴行疑惑には「本人が事実無根と言っている」として無事クリア。組織も組織。暴行どうのこうのじゃなくて、「謹慎中に盛り場に出るようなことがあったら即クビ」ぐらいに言っていたはずではなかったか北の湖理事長さんよ?それに監視の任務を放棄して帰ってきた高砂親方も役職的には万死に値する。

ということで、亀田もドルジも、やるだけ余計マイナスの会見だったというのが正直な感想。

ま、あとは頑張ってせいぜいヒールキャラをまっとうしてくださいな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック