整形外科医は有能か?

ここんとこスカばっか。

この1年で3軒の整形外科へ行ったのですが、そろいもそろってスカ引いた。いい整形外科ってなかなか見当たらない。

僕の足にはいま、明確な痛みがあります。

医者はそれに対して、患部に触れもせず、じかに見もせず、こちらの訴えだけひととおり聞いた後にお決まりのセリフ。「じゃあ、レントゲン撮ってみましょう」

その結果もやる前から見えている。

「とくに問題はありません」

イヤ、痛いんだって実際。気のせいだとでも言うんか?

骨関係なら分かりやすいんだろうけど、筋肉の痛みというのは見えにくいのかな?

先日の医者は、レントゲンだけでなく尿検査と血液検査も行なったのに、「とくに問題はありません」ときた。さらに、その次の言葉に僕は耳を疑った。

「じゃあ、引き続き治療をしますので、また来て下さい」

マテマテマテマテ。特に問題はない、と言った直後に、なんで治療という言葉が出せるのか?原因も特定できてないのに、なんの治療をする積りなんだ???思いっきり矛盾。湿布と軟膏と痛み止めの錠剤と胃が荒れるからといって胃薬まで出てきた。完全にショッピングさせられてるだけじゃんかオレ!なんの病気かもわかんないのに、何で薬が出せるんだ?

原因が特定できず、せいぜい湿布買ってくることぐらいなら、僕でも判断できるぞ。

というわけで、どうも無能な医者に当たる今日このごろであります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック