ああ、伯母様…。

伊勢原市内のバス。。。

路線図に「伯母様」というバス停をみつけた。

目を疑った。

「おばさま」って。どういうバス停か。

と思って検索してみると、先達はいらっしゃるもので、結構な数のバス停の画像がネットにはすでにアップされていたのだ。現地にいかなくても確認できる。便利じゃ。この程度のことじゃ僕では現地にまで出かけるモチベーションは出ないけれど、こういうヒトタチがいてくれて感謝。

バス停っつうか、地名らしんですね。「伯母様」ってのが地名。



伯母様といえばリアルな私の伯母様と先日メシを食いまして。

これまたハッキリ申し上げて苦手な伯母様なんですよ。いつもマイナスな言葉ばかり吐いていて、自分だけじゃなく、その毒を周囲にもまき散らすから、こっちも不快にさせられる。だからなるべく近寄らないようにしてるんです。

バイキングだったんですが、ライチを食べてる私に対して・・・

「それって不味いよね?アタシは嫌いだよ。冷凍物なんて食べられないわよ。生のだったらおいしいけどさ」

……黙っとけ。彼女は、いっそ口を開かないほうがいいタイプ。

「私はコレ嫌い、アレ嫌だ」

そんなことばっかいってる。
だから周囲から人がいなくなるんだよ。
旦那だって愛想つかして逃げてっちゃうんだよ。

365日、このヒトと暮らしていたら、やっぱ逃げたくなると思うよ。悪いけど。

鮨屋のカウンターでメシを食ってても、話題は別の店のことばかり。マグロ食いながら「マグロだったらあそこの鮨屋のが絶品!」「今度東京の○○へ行って食べてみな」とか。。。

目の前の、いま食ってるものに感謝せんかい!
いま食わせてくれてるこの店に敬意を払わんかい!

挙句、ほかの客の食ってるもんを見ながら「あれマズそうだよねえ」と俺に耳打ちしてくる。わが血縁ながら、品性がない。よって苦手。感染りそうだから近くに寄らないようにしてるんです。

今回も、久々に会った甥っ子(僕)の額を心配したんでしょうが、これも大きなお世話で、

「ねえ、このオデコ、自分でM字に剃ってるの?」

という聞き方をしやがる。配慮ってもんがないよねえ。そんなもん好きで剃るかアホ。

同じ言うにも、言い方しだいでどうにもなるのに、人に憎まれる言い方をわざわざ選択してしまうのが、この伯母様の不幸。毒舌がサービスかユーモアのつもりだと思っている。だから人が遠のいていく。僕もオトナゲナク、「自分で剃るわけネエダロ!」ってマジ目線でガン付け返してしまいましたゴメンナサイ。

僕もいいかげんオトナだからと言い聞かせて、数年ぶりのこの食事の場に出席を決めた私でしたが・・・甘かった。たぶんこのヒトは死ぬまで治らん。もうご一緒してあげないから伯母様。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック