弔事の香典袋は薄墨で…

…と、いうけどさ。

いまどき、わざわざ硯で墨をすって書く人のほうが少なかろうに。
たいがい、筆ペンだろう?

だいたい、なんでうす墨なのか?

いわれは
「涙で墨が薄まった証」とか
「急ぐ気持ちで十分に墨をすれなかったから」とか…

しらじらしい。

まして、筆ペンで済ます時代に何いってんだか?て激しく思う次第。

そこでわざわざ「薄墨の筆ペン」なんかも売ってるんだが、わざわざそうしてまで薄い字で書く必要があるのかい?筆ペンの時点でフェイクなんだから、余計に嘘くさくしてる感が。ナンセンスだよ。黒でいいじゃん。この時代、プリンタでなくて手書きしてるんだから十分じゃないか。

あと、たいがい自分で「御霊前」とは書かないで、あらかじめ印刷して売ってるのを自分は買う。この場合、「御霊前」の印刷はフツーの黒字なんだよな。印刷ならいくらでも灰色で印刷してくれたらいいのにさ。結局、黒でいいんじゃんか。薄墨にこだわる風潮に、反対!

仮にもね、「薄墨でもいいよ」ってんならまだいいが、知識バカみたいな上司が「薄墨じゃないと不可」とか言い出すから面倒くさい。いつからそんな風に決まったんだ?釈迦がそんなこと言ったのか?葬祭屋かマナー屋が言いだしたんだろ?

まあ、言われる前に薄墨の筆ペン(しかも毛筆に自信ない奴向けに売られている硬筆向けサインペン仕様の!薄墨付きの!なかなか売ってないぜ)で書いたけどな。

…日本人やっててメンドクセーッて思う瞬間だよ。

香典袋1つつくるだけでどんだけあるんだ?やれ相場はいくらだの、お札は新札じゃいけないだとか、肖像画の面が裏側にくるように包めだの、仕事がとまって仕方ない。優秀な常識人はあっという間にこなすんだろうが。

だれがこういうたいして根拠もないことを常識にしたがるんだろうな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

イブニングシー
2012年06月11日 22:05
つまらない、くだらないと、感じる事でも、それを、大切にし、重んじる方もいらっしゃいます。
いろいろな考えや、いろんな感じ方、たくさんの人、それぞれの人生だからね。
円蔵
2012年06月20日 20:12
はい。おおかたの人は、文句いわずにこなしてることです。できないから、不自由してます自分。

この記事へのトラックバック