現代版の打ち出の小槌。

そんなオートチャージをなんとかしなければ

私はSuicaカードと手持ちのクレジットカードをリンクさせて使っている。

スイカの残高が設定額より減ったら自動的にスイカの残高を積み増してくれるオートチャージサービス。

設定額(実行判定金額)も積み増し額(入金実行金額)も自分で決められるし、変更もATM(駅のビューカードアルッテ)で出来る。

積み増した額は後日クレジットカードで精算されるのだが、なんだか打ち出の小槌みたいにお金が湧き出るような錯覚に陥るからヤバい。電車に乗る以外、エキナカでもコンビニでもいろんなもんを買えてしまう。

これで、小遣い以外の財布のクチが開いてしまっているようなものだ。家計管理が難しくなるばかり。

それでここはしばらくオートチャージをやめて、地道にやろうと決めた。
なに、切符なら券売機で(台数減ったよね…)買えばよい。

ちなみに、私鉄は現金料金>IC料金のようだが、JR東日本の運賃表をよーく見てみると、ICの方が必ずしも安いわけではないようで(本当かなあ…)。まあ、多少の便利さを捨てて切符にするか、オートチャージなんかじゃなくて必要に応じてスイカにチャージするほうが、自分の金銭感覚を守ることになるはずだ。

アルッテのATMでは、画面のsuica設定を押してから、スイカ、クレジットカードの順に挿入。あとは画面のまま進めばいいが、ざっくりいうと、オートチャージの設定額の変更、またはオートチャージの休止の手続きが簡単に行える。逆に、これからオートチャージをしたい人は、スイカとクレジットカードの連動(リンク)の処理もこの機械から行える。

ただオートチャージって、たとえば残高2000円を切ったら1000円積み増す、なんて程度の設定だとたびたびチャージされることに驚く。それで私は3000円を切ったら4000円積み増す設定にしてきた。まあ、言ってるのはチャージされる頻度の問題だけで、かかる交通費は全体では変わらないんだけどね。

なんとなく、オートチャージって不健全だよな、って思うわけです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック