脚切断に気付かずバイク走行。

エエエー!

こういうことってあるんだなあ。ある意味、怪談より背筋が冷たくなる。ご当人の(たぶん)自損事故とはいえ、お気の毒としかいいようがありません。
<バイク男性>足切断気付かず2キロ走る 浜松で分離帯接触
(2007年8月14日 毎日新聞)

13日午前6時半ごろ、浜松市西区篠原町の国道1号浜名バイパスで同市南区の会社員の男性(54)がオートバイで中央分離帯に接触し、右足をひざ下約10センチで切断した。男性は接触に気づいたがそのまま数分間走り、約2キロ先のインターチェンジで初めて自分の足がないことに気づいたという。静岡県警浜松中央署は痛みが強すぎて分からなかったとみている。

同署の調べでは、男性は仲間約10人とツーリング中、緩い左カーブを曲がりきれなかったらしい。切断された足は仲間が現場に拾いに戻り、男性と一緒に救急車で同市の病院に搬送されたが、つぶされるように切断されていたという。

有人のインターチェンジかどうかわかりませんが、当人もさることながら収受員のおじさんも驚かされただろうなあ・・・片足取れてたら停車できないもんなあ。アレレ・・・って立ちゴケしちゃってはじめて足がないのに気付いたのか?あるいは、右足の甲でギアチェンジするわけだから止まろうとして「なぜだか」シフトダウンできないことに気がついたのだろうか?ビッグスクーターのようなオートマチックのバイクなら右足は使わないけど、そもそも足があんまりむき出しにならないから物にぶつかる可能性も低いだろうし・・・

痛みが強すぎて分からない・・・っていうのは、きっと緊急時には痛みに関する回路を切断する働きが脳にはあるんでしょうね。いや、しこたま打ったもんだからとにかく痛てえなあ、、、とはうすうす思っていたけれどまさか切断されてるとは思わなくて、後で停車しようとしてマッサオ!というところでしょうか。しかし人間の身体って凄い。

"脚切断に気付かずバイク走行。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント