上野東京ラインはただの改悪。

4か月以上更新が空いたのは初めて。

それなりに理由があります。仕事の環境が変わって、ブログ書いてる時間がなくなりました。

それはさておき、なぜ今日更新するかというと、上野東京ライン開業ですな。

JRのダイヤ改正。高崎線、宇都宮線さらには常磐線までもが東京駅乗り入れを果たし、東海道線と直通運転となる。北関東からのアクセスが劇的に改善されるとか、上野~東京間の山手線や京浜東北線の混雑緩和になると。北寄りのニュースばかりだが。

東海道線利用者の不満を、ニュースは伝えてくれない。

東京駅始発の下り列車がほぼ廃止されました。日中にサラリーマンからすると、普通列車ではラッシュ時に3本だけある通勤快速と23時以降の列車だけが東京始発として残るのみ。あとは、510円払う有料ライナーだけ。

いままで2,3本待てば座って帰れた湘南人たちが、明日からどのような動きに出るのだろうか?座りたいと思えば、通勤快速(川崎人や横浜人は乗れないけど)と湘南ライナーが劇混みになるのだろうか?それともおとなしく立って帰るのか?暴動ものだと思うけどね。泉岳寺のあたりの新駅用地のねん出のために、こんな不利益を飲まされるのはかなわないよ。

あとはなんだろう?多少は混雑のマシな横須賀線を使って戸塚までしのぐか、ハナからあきらめて京浜東北・根岸線で大船までやりすごすか?明日から通勤事情が大きく変わります。

わたしも東海道線の民なんで、他人事ではありません!

"上野東京ラインはただの改悪。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント