テーマ:テレビ

村上春樹がノーベル賞?

昼のテレビも、夕方のテレビも。 さも、受賞しましたみたいな体で報道しているから「いつもらったんだ?」といぶかしく観ていた。 そしたら、今晩にも発表、てことだった。で、やっぱり受賞しなかった。 俺は彼のファンだが、ノーベル賞に値するかどうかまではわからない。受賞して、老いも若きもあのマニアックな性描写ゆたかな作品に広く親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワリャーグ」改め、「遼寧」。

意外だったのが、中国が空母「ワリャーグ」を持ったこと。 威信にかけて自前で建造するもんだと思ったら、そのわりには”ワリャーグ”って中国語の音じゃないよなあ。 なにかにつけて漢字の国、記念すべき空母第1号に横文字で命名するとは思えない。 じゃあなんだというと、ロシア語かなんだかだということだ。 つまり、中国の空母第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野中に鳩山に野田に…大丈夫なのか?

なんか知らんが野中広務が。 中国行ってテレビに出て勝手に謝罪してるらしい。 ”我々は中国の皆さんを先の戦争で傷つけたってのに、今回の尖閣のことで、またも傷つけて申し訳ない” みたいな趣旨で。 関係ないだろ。売国奴め。 もはや政治家でもなんでもないジジイから言葉を引き出して「日本政治の元老が謝罪している」と言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恒例の10円カレー。

想像力がなくて、申し訳ない。 チャリティイベントだったんだ! 東京・日比谷公園の「松本楼」で毎年恒例の「10円カレー」 (FNN 2012年9月25日) 東京・日比谷公園のレストラン「松本楼」で、毎年恒例の「10円カレー」が振る舞われている。 2012年で40回目を迎える、松本楼の「10円カレー」。 売上金全額と寄付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おしえてオスプレイ。

すみません、いまさら。 「なるべく」低空飛行しないと約束してもらいました!だから安全は確保されました! なんて偉い奴が喜んでるのをTVで観てアホかこいつと思ったけれど、アメリカが導入するってのを止められるわけもない。だから賛否いろいろあれどもこの飛行機が日本に配備されて空を飛ぶのはもともと決定事項であり、時間の問題と思ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島のカバン詰め誘拐…

タクシー運転手、お手柄。 (マスコミへのサービス精神、旺盛なんですね…) あのままスルーしていたら、いったいどんなことになっていたやら。 運転免許の合宿を終えた日の午後に、なんで幼女誘拐して性的犯罪起こしたくなるのか、意味わからん。おとなしくお好みでも食って、流川でスッキリしときゃええのにのう。 ほいで運転免許は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三笠宮寛仁さま逝去。

意外に扱いが… …小さいとはいわないけど、皇族の本流のほうでもないし、元々ご病弱で織り込み済みなこともあったし。 ただその日の夜のAKB総選挙…あたしゃ、あんな馬鹿騒ぎしてていいのかね?と。皇族の死と総選挙はなんら関係ないし、影響されるべきでもないけれど、大の大人がアイドルでテレビで大騒ぎしてていいのかね日本は…という気持ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オウム菊地直子:相模原の緑区城山の一軒家。

ど…同棲相手の女が… 似てる…よな… このドラマ観てたら、ふと気がついたわ… 懸賞金…1000万だって… 元々俺、支援者でもなんでもないし… 下手に疑われるより、俺が通報しよう… 1000万だし… てな感じだったりして。 うむ、気持ちはわからんでもない。 中途半端な愛よりかは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小島慶子キラキラ終了へ。

小島慶子☆キラキラが明日で終了か。 最初は、局アナを主役に抜擢って、TBSラジオもいよいよだな…と思っていたが、聴取率は高いらしいと知って聴きだしてみたらこれが面白くて(今は彼女は局アナではない)、1年弱、楽しみに聴いてきた。 それが、まあ早く言えば、局が彼女を怒らせて降板・終了へ。(伊集院光いわく、小島慶子の「おむずかり」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年10大?重大ニュース。

砂時計の最後の瞬間のように… …瞬く間に2011年の終わりがやってきています。あと1週間ありませんが、そんな自覚がございません。えっ?え?と背中を押されるようであります。 今年はいろいろありすぎました。衝撃的な1年であります。よく10大ニュースとか年末に発表してますが、それにならって私もいろいろ1年を振り返ってみました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2011年、訃報まとめ。

金正日が死んだ。 今年は独裁国家の大物が…カダフィとジョンイル、二人も消えたわけだ(それと、ビンラディンも死んだことになっている)。象徴的な、なにか暗示的な一年だった。アラブ国家は軒並み独裁政権が崩壊し、最期に(崩壊はしてないが)北朝鮮まで。先に行ったカダフィの死を、金正日はどう受け止めていたのか。 カダフィは最後はひとりに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なでしこ沢と猿の惑星コラボ。

映画「猿の惑星」のプロモーションCMに… …なぜか女子サッカーの沢ホマレ選手が出演している件。 どーゆー意図なのか? 本人はそこをどう理解しているのか? そしてそういう邪推をしながらこのCMを観ている俺はどうなのか? 非常に悩ましい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK契約解除へ9万人?

9月上旬に書いたままUPし損ねた記事↓ これ、興味深いなあ。 地デジ下完了の影響で、NHK視聴者のうち9万人がNHKとの受信契約終了求めてきた、というニュース。 契約終了受け付け9万件=地デジ化でNHK (時事通信 2011年9月8日) NHKは8日、7月24日のアナログ放送終了に伴う受信契約の終了を求める電話…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鉢呂大臣が辞任、こいつマジ国の恥。

小学生がトシとっただけの大臣! しかし最近政権が交代するたびに、まず、大臣のうちの1人が早速ミソをつけますな。 ・失言・暴言・放言のたぐい ・過去の不祥事 ・政策に対しての、いらん私見 クリーンなのも結構だが、数十万の献金ぐらいでいちいちクビを切るのと、政権運営が滞るのと、どっちがコストかかるんだよ。 しかし…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

檀れいが結婚!

うおおおおおおおおお! と心がはりさけた昨日の夜。どうか、お幸せになってください。 及川光博ですか。なるほど。なるほど。 いい女には幸せになって欲しい。それだけさ。 サントリー金麦のCMは、いまや男にとってのメルヘン。 これからもどうか続行してください!どうせ人妻設定なんだからいいでしょ? 檀れい選んだ及…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

石原さとみは化粧を変えたのか?

とにかく、元々猛烈に好みのタイプなのだが… …このごろ一層香気が漂うようになってきた気がする。 コッコアポのCM、あれは最初当人だとわかんなかったけどさ、あれも石原さとみなんだ。 あと長瀬とやってるCM(なんのCMだか全然覚えてない)、あれもいいね。 …と、そんな浮かれごとを言ってる年齢でもなくなってきたが、いいじゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日もジョージアでしょ?

男のツボを押さえてるなあ… 大好きだよ、この味付け。 俺はこの数日、自販機の前で何度たたずんでしまったことか。 黄色い服の、黒髪の長い、清楚な女の子。男はこういうの、好きなんだよ。 誰なの、この女性… …本仮屋ユイカ。 え?そうだったの?意外。 俺は缶コーヒーを一切飲まない。だけど、「今日も、ジ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドブンと飛び込む黒い井川遥。

井川遥って、結婚してからの方が好き。 昔はなんかツンケンしたところがあったけど(そのように見えた)、結婚を機に(かどうかもわからぬが)とても笑顔のすてきな女性になられた。表情もなんか、明るく充実している(俺にはそう見える)。 以前に新聞で、彼女のコラムの連載があった。たぶん朝日新聞だと思う。彼女の私生活の一面がつづられていて…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

キ・ソンヨンが猿まねで処分て?

サルのまね?気付かなかった。 東洋人にやられたって、何とも思わんわ。 サルがサルのまねしてることになるだろ? むしろ、韓国側が騒いだらしい。それはいくらなんでもスポーツマンシップに反するだろう、ということで。 なるほど、あちらも変わってきたと、素直にそう思う。 いくらアホな日本人観客がバカやってたからといって、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大桃と麻木。

ツイッターって、どうもわからん。 やってみようという魅力がわかん。あれ、よっぽど暇な人じゃないと、使いこなせないよ。あるいは、よほど携帯に隷属している人じゃなければ。 まあ、リアルタイム性とか、簡便性とか、ある意味では検索でもできないようなレベルの情報収集に威力を発揮しそうであるが…そこまでする気、ねえな。 有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

延坪島。

北朝鮮が韓国の小島を砲撃した事件。 38度線の延長線が不自然に曲がって、韓国領になってるいくつかの島の1つでの出来事。 地図で見れば誰だってわかる。ほとんど北朝鮮のそばじゃないか。それが良いとか悪いとかじゃなくて、休戦時点で韓国軍が押してたんだろうなあ。そして、そう、まだ休戦状態なんだよなあ。 それをいうと、ソウルやイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シューシャインボーイ。

通りかがりのテレビで再放送してた。 大滝秀治、西田敏行、柳葉敏郎。 既視感。デジャビュ。僕はこの話を、知っている。でもどこで? テレビドラマで観た記憶じゃない。テレビでドラマは、まず観ない。 意図して特定の番組を観るためにスイッチを入れることしかしないから、偶然ドラマで観たというのは、ありえない。西田敏行とか大滝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塀の中の中学校。

滅多にテレビを観ない私だが。 10月12日放映の「塀の中の中学校」、これは観てしまった。だって、大滝秀治や渡辺謙が詰め襟の学生服を着るんだぜ!と思わず観てしまった。すまけいや千原せいじ他1名も学ランにて出演。 すごかったな大滝サン。 大滝翁の仕事への姿勢というかなんというか。こちとら襟を正さなくてはなりませんな。翁の演…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

消えた年金受給者。

「消えた年金」じゃなくて… …「消えた年金受給者」とは、よく言ったもの。 ”千住の七不思議”こと111歳のミイラが発端になって、続々と。千住ってあと残りの6つ、どんな不思議があるのかと… しかしねえ、いくら厳格で変わり者だったとしても、修行僧でもない本人が「即身成仏したい」なんて願うもんかねえ… 100歳以上の老…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東風万智子。

今晩のテレビ朝日「相棒」。 事件の中心となるショートカットの女性が気になった。 印象的な目、張り出した頬骨、顎のほくろ、払ったような眉毛、横から見たときの魅力的なフェイスライン… ううむ、見覚えがある…もしや彼女は… いや、それにしては雰囲気が疲れている。もっとピチピチしていたはず。 肌からすると年齢もいっ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

西友にとりあえず行けや。

前からやってた、このCM? ぼーっと見てたら、西友…ニトリ…イケア…と聞こえてきた。 さいしょは西友がニトリやイケアとショッピングモールとかに共同出店したのかと思った。あるいは、西友にテナントとして入るとか。え?ニトリもイケアも家具屋じゃん。へえーそりゃ競争が大変だなあ…。 じゃなかった。 西友も家具やります!っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャッツアイなの?あれは。

ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン 断片だけ目にしただけなので間違ってるかも知れないが。 キャッツアイの3姉妹を森三中が演じているCMを見たような気がする。 病み上がりなので気のせいだろうか。 しかしもし本当だとしたら… …キャッツアイへの冒涜に過ぎない。いや、確信犯なのか?つうか、よく北条司が許したな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銅メダルのフィギュア高橋と…

…ご武運のなかった織田君と。 男子フィギュアスケートとしては日本人として史上初のメダルだそうで、おめでとうございます。ウインタースポーツ嫌いの僕(とくにスケートリンクにはトラウマがございます)はバンクーバー冬季五輪にまったく興味が湧きません。 でもね、技術と「美」を競う種目で日本人男性が世界に認められるというのは大変なことで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョッキのみごたえ辛口。

サントリーのCM、素晴らしい。 缶のデザイン、ネーミングと、センスはダサダサだと思うのですが、もう、女性陣のパワー一本で見事に乗り越えた宣伝ではないか。BGMなんか確信犯的にピンクレディーだし。サントリー、さすがだな。プレミアムモルツの竹内結子と、ハイボールの小雪と、金麦の檀れいと、そして今回の相沢紗世と、キャラをつまみにして酒が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

体験談CMへの違和感。

ひざこしサプリの島田洋七とか。 または、お茶のせっけんの真矢みき。 あるいは、香酢のカプセルの辺見えみり。 そして、ニキビケアの真鍋かをり。 あと思い出せねーけど。 この手の、キャラクター自身が体験談をもとに効果をプレゼンする、という手法のCMが結構目立つような。 押しつけがましいというか、あんまり好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more